高橋徳治商店 社長の徒然日記石巻 株式会社高橋徳治商店の社長が日々感じたことを書きあげていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
福祉クラブ生協 30周年 16:10
0

     

    遅くなりましたが、9月15日(日)に、福祉クラブ

    藤沢センターにて、「学んで、食べて、話して、楽しもう!

    福祉クラブ生協30周年 食のフェスタ」が開催されました。

     

    当社代表の高橋も午後からの交流会にて、震災当時の話や

    被災地の現状を伝えたり、当社の練り物と市販品との違い、

    添加物についてのお話しをさせて頂きました。

     

    そして、その時のご感想が届きましたので、ここで

    ご紹介させて頂きます。

     

    ○今も震災の後遺症の一つに、不登校やひきこもりの方が

     大勢いることを知り心が痛みました。

     生産することの気概に富んだお話を聞き、消費材について

     他の人に上手に伝えられるようにと思いました。

     

    ○高橋さんの人を思いやるやさしさに感動しました。

     損得のない行動が出来る人になりたいと思いました。

     原発なしでも生活出来る世の中になるといいです。

     

    ○テレビ等では知らされない、復興の一面を聞くことが出来た

     社長は笑顔で本当はとても大変なことばかりだと察しられるのに

     逆に勇気をいただけた。もっと生活や生き方を変えたいと思った。

     私は消費材を買うことでしか応援出来ない。すり身食品の危険さは

     生活クラブに加入した時から知っていたので、いつも感謝して

     いただいています。

     

    ○とても貴重なお話でした。生産物にはたくさんのメッセージが

     込められていること、生産者さんの思いを私たちは受け止め、

     暮らし方、生き方、考え方を変えていく必要があると改めて

     実感しました。

     

    ○震災前に交流会でお会いし、お話の内容以上にその生き様に

     惹かれました。またお話が聞けて良かったです。

     

    ○津波ですべてを流されその後、会社を再建された苦労話をされる

     のかと思っていましたが、「どんな世の中へ」と自身の信条

     「大事なこと大切なこと譲れないこと」を話され、貧困、引きこもり

     障害者雇用、生活弱者への温かい眼差し、重荷を下ろさず常に考え

     続ける糧としたい、方言の「までいに」正直に誠実に人に優しく

     自分に向き合ってこのような気持ちで生活し、人生を歩んでいる方の

     食品は安心して食べられる。購入で応援したいと思った。

     試食品も美味しかった。

     

     

    たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました♪

    これからも皆様が安心して美味しく食べられる練り物を

    スタッフ一同一丸となって作り続けて参ります。

     

     

    営業部:山田

    | ご報告 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 高橋徳治商店 -
    スポンサーサイト 16:10
    0
      | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
      Comment








      Trackback
      この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
      << NEW | TOP | OLD>>