高橋徳治商店 社長の徒然日記石巻 株式会社高橋徳治商店の社長が日々感じたことを書きあげていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
生活と自治 掲載記事 17:16
0

     

    生活クラブ発行の機関紙「生活と自治」(2月1日発行)。

    「まちと暮らしカフェ」が行われたときの様子が連載の記事として

    掲載されましたのでご報告致します。

     

     

    この回の「まちと暮らしカフェ」は、被災体験を経て

    2018年に引きこもりやニートと呼ばれる若者たちが働く

    野菜加工場を立ち上げた当社代表高橋を囲んで行われました。

     

    生活クラブ神奈川とその関係団体が、12年から毎年開催している

    「東日本大震災復興支援まつり」(19年12月7日)の会場での

    開催となりました。

     

    ※去年の生活クラブ神奈川復興祭りの動画が“youtube”でUP

    されておりましたので、お知らせします。

     

    下記URLより入ってください。

    開会・メッセージ1
    https://youtu.be/IfgahFpPD3c
    アカペラ1
    https://youtu.be/vEU0497xIq8
    メッセージ2
    https://youtu.be/PLOZ__R0M94
    わかめまき(2回分)
    https://youtu.be/yL-W2ZORG2A
    アカペラ2
    https://youtu.be/u0Qpk6D4hXM
    メッセージ3
    https://youtu.be/JpPg6O4AyJc
    会場スナップ
    https://youtu.be/sBNSXh08LhA
    会場周遊中継録画
    https://youtu.be/dOx43V_w0sY
    ブースインタビュー前編。
    https://youtu.be/3IfE0WxANbM
    ブースインタビュー2
    https://youtu.be/_KBgWubdy6E
    閉会
    https://youtu.be/dLJc4zl5krw

     

     

    おまつり当日はあいにくの雨で、テントの

    中で、15人の参加者に囲まれて震災後の

    思いを語り合いました。

     

     

     

    被災を「わがこと」としてとらえれば、

    「忘れない」のその先をどう進めていくか

    共に考えることができるのではないか

     

     

    こんな世の中でも被災地からのメッセージで

    小さな灯りをつけたい!

     

     

    そして、連載記事には参加者の声として

    感想も述べられておりましたので記載します。

     

     

    ○「野菜については自分も知らないから一緒に

     学べる」との高橋さんの言葉が印象的でした。

     知らない人と一緒にもの作りをし、何かを学ぶと

     距離が縮まるのは、年齢を問わないと思いました。

     

     

    ○災害が起こると貧困や暴力などの社会問題が凝縮すること、

     我慢していると後に心が病んでしまうことを知りました。

     自分ごととして考え、つながっていこうと思います。

     

     

    ○子育ての息苦しさを吐露すると、「子供の泣き声は幸せの

     象徴」と高橋さんだけでなく他の参加者も声をかけてくれました。

     人と人とのつながり、応答こそが本当の復興を育むと感じました。

     

     

    悪天候の中、大変おつかれさまでした。

    今年の「復興支援まつり」は晴天でありますように♪

     

     

    営業部:山田

    | ご報告 | comments(0) | - | posted by 高橋徳治商店 -
    スポンサーサイト 17:16
    0
      | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
      Comment








      << NEW | TOP | OLD>>